私の父親は、大阪に一人暮し転勤中に、「末期の大腸がん」って診査され、余命6か月と言われてきました。今は、「余命半年だ」なんて、当人に言っちゃうんですね!なかば泣き声で、女のところに電話をかけてきたようなんですが、聞いた女も、まさかの通知にビックリ仰天したそうです。「痔」もちです父親は、便所で血混じりの便を見つけ、軽い気持ちで診察を受けたわけですが、結果は、最悪の物でした。次いで、女に電話をしてきた意図です。必ず、在宅に帰って来てもらい、場合を整理して、医者へ行きました。けど、我々は、それもビックリしました。

全て医者で、今までの場合を話したら、「二度と診察を通してみましょう」に関してになったのですが、診察が、1か月事後だと聞いて驚嘆!「余命6か月って言われてるのに、どんな気持ちで待てというんだよ!!」そういった言い方を飲み下しつつ帰ってきました。そんな時、知り合いの方が、癌研の教官を紹介してして貰い、オペレーションまでしてもらえました。専門医者は、診察の装具も性能がいいので、批評も細かくしてくれました。

今、余命6か月という父親は、おかげさまで意気だ(笑)参考サイト